相続とは

相続手続きといっても、多くの方にとっては一生のうちで1~2回しか関わる事が無くなかなか一般的な話ではないので、ここで相続について簡単にご説明させていただきます。

相続とは、人が亡くなったとき、
その人の所有する物や権利を引き継ぐ事を言います。

相続とは
相続には、プラスになる権利だけでなく、借金などのマイナスになる債務も財産相続に含まれます。例えば、現金、土地、株式、持ち家、美術品といったものはプラスの財産となりますが、賃貸債権などのマイナスのものも相続の対象にとなります。
相続の時にはこれら全てのものを包括的に相続することになるので、「これは欲しいけど、これは要らない。」そんな事が言えないのも相続の難しいところでもあります。すべて放棄しなくてはいけないので、しっかりと考えてどうするのかを決めなくてはなりません。
また、相続の際には意外なものが対象になったり、逆にあてにしていたものが対象ではなかったりするケースもあります。しっかりと法律に照らし合わせて確認する必要があるのですが、すべての人は身内の方が亡くなった際に、故人が残したものを整理して相続について早急に考える必要にせまられるのです。

相続関連のご案内